AGA脱毛症

男性型脱毛症と呼ばれているAGAは、思春期を過ぎた男性に見られる症状で主に遺伝的原因によって発症ししまう進行性の脱毛症の病気です。


この症状の初期段階では前頭から頭頂部に生じることが多く、1部では後頭部の上まで症状が進行することがあります。
この脱毛症については男性ホルモンが大きく関係していることが今の医学で解明されているため、男性ホルモンの活発化を抑制することでこのAGAの脱毛症を抑制することができます。


AGAの脱毛症では髪の毛の毛周期と呼ばれるヘアサイクル異常が見られることで生じます。
髪の毛の毛周期は成長期から退行期、休止期を過ぎて脱毛を行うことになります。
この毛周期を繰り返すことで髪の毛が生え変わることになります。
しかし、AGAの症状が発症してしまうとこの毛周期の正しいヘアサイクルが行われなくなり特に髪の毛の成長が抑制されることになります。


髪の毛の成長が抑制されることで髪の毛について通常の状態となる長く太く成長する前に抜けてしまうことになります。
このため薄毛が目立つようになるのがAGAの症状となります。
この髪の毛の毛周期を正しいヘアサイクルに戻すことで髪の毛の薄毛の症状を改善することができます。


多くの医療機関では薄毛治療薬を利用してこのAGAの症状に対応しています。
治療薬についてはプロペシア処方、HARG療法とミノキシジル外用薬を利用してこの脱毛症に取り組むことになります。
次のページでは、これらの処方薬について説明させていただきます。

Copyright © 2014 脱毛クリニックが処方してくれる薬ってどんなもの? All Rights Reserved.